【ニュースリリース】高齢者向け「スマホ教材」が日本最大級のラインナップ数に

株式会社ウォンツ・ジャパンは、高齢者がスマートフォンの利活用を習得できる「スマホ教材」を開発・提供しています。「スマホ教材」の教材数が4/17(金)付けで155本となり、日本最大級のラインナップ数となりました。

「スマホ教材」では、家族間の会話やお買い物の支援、防災・防犯につながるスマートフォンの利活用方法を、テキストと動画を使って習得していきます。


超高齢社会に突入し、急速なデジタル化が進む日本において、高齢者のデジタル対応は喫緊の課題となっています。高齢者のスマートフォンの所有率は上昇し続けていますが、同時にスマートフォンを使いこなせず、戸惑いを覚えている高齢者は少なくありません。

そうした背景を踏まえ、ICT関連の教材制作を行う株式会社ウォンツ・ジャパン(本社:福井県鯖江市、代表取締役:吉田寿美)は、高齢者のための「スマホ教材」を2020年1月にリリース。その後も時代のニーズを踏まえながら開発を続け、4/17(金)付けをもって教材数が155本、日本最大級のラインナップ数となりました。

「スマホ教材」は、スクール事業所向けのデジタル教材です。スクール事業所には教材がインターネットを通じて配信され、生徒は教室でプリントアウトされたテキストを受け取り、またインターネット配信される動画も見ながら、スマートフォンの使い方を学んでいきます。

 「スマホ教材」の詳細はこちら

「スマホ教材」では、スマートフォンの基本的な操作方法のほか、災害情報の確認方法、外出自粛中のインターネットを使った家族間の会話やお買いものといった防災や感染症の予防対策につながる利活用など、15のカテゴリー(合計155本)のなかから好きな講座を選んで学習ができます。

今後は、新型コロナウイルスの影響により通学が困難な高齢者が自宅でもスマートフォンの使い方を学べる「在宅学習」の機能を強化する予定です。そして、年齢にかかわらず誰もがデジタル化の恩恵を受けられる社会の実現を目指していきます。

<本件に対するお問い合わせ先>
株式会社ウォンツ・ジャパン
〒107-0062 東京都港区南青山5-4-41 グラッセリア青山2F
E-mail:info@wants.jpn.com

Follow me!